【完全解説】世界一わかりやすいポーカーのルールと遊び方

【完全解説】世界一わかりやすいポーカーのルールと遊び方

ポーカーは、各国で愛されている代表的なトランプカードゲームです。

ゲームセンターなどでよく目にする機械(コンピューター)と1対1の勝負を行うビデオポーカーは、あなたもご存じかと思います。

プレイヤー同士が勝負で競い合うポーカーの種類を「テキサスホールデム(カジノホールデム)」と呼びます。

この記事では、テキサスホールデムのルールや役の種類、遊び方などをわかりやすくまとめました。

目次

ポーカーのルール

テキサスホールデム
テキサスホールデム

テキサスホールデムはごく簡単なルールです。

ゲームに参加しているプレイヤーすべてに裏向きのトランプカードが2枚配られます。(画像参照:黄枠)手元に配られた2枚のカードは、それぞれのプレイヤーのみが使用できるカードとなります。それとは別に、テーブルの中央に表向きのカードが最大5枚並べられます。(画像参照:赤枠)並べられた5枚のカードは、ゲームに参加している全プレイヤーが使用できる共通のカードとなります。

場札に並べられる全プレイヤー共通の表向きカード5枚、手元に配られるそれぞれのプレイヤーのみが使用できる裏向きカード2枚、計7枚のカードの中から最も強いポーカーの役(ハンド)を作り上げ、プレイヤー同士でハンドの強さを競い合いながら行うゲームが「テキサスホールデム」となります。

勝負が決まる基本的な条件は「最後に一番強いポーカーハンドを持っていた方」です。プレイヤー同士で賭け金を釣り上げていき、勝ったプレイヤーはそれまで釣り上げられていた賭け金を全て総取りすることができます。ただし、場札の5枚のカード、手札の2枚のカード計7枚のカードの中から強いハンドが作れなかった場合は、以下の2つのアクションをとることができます。

アクション① 勝負を降りること(フォールド)
アクション② 勝負を続けること

全てのカードを目にし「勝てない」と思ったときは、賭け金が釣り上げられる前に勝負を降りることができます。ゲームを降りた場合は、1ゲーム時の上乗せ(レイズ)した金額を含む全ての賭け金が失われます。

また、弱いハンドでも勝負を続けることも可能です。強気に勝負をしていく事で「強いハンドかもしれない」と、参加している他のプレイヤーの心理を揺さぶり、全てのプレイヤーをゲームから降ろすことができれば、最後に残ったプレイヤーが全ての賭け金を総取りすることができます。

このようにポーカーは、心理的な要素がとても高いゲームとなります。ハンドの強さ弱さに限らず、弱いカードでも戦略次第でゲームに勝つことができます。

プレイ人数

2~10人

ゲームを開始するためには、テーブルに最低2人が着席する必要があります。最低人数2人~最大人数10人までのプレイヤーと勝負を行うことができます。

使用カード

ポーカーは、トランプカードを使用したゲームです。使用するカードはジョーカーを除く52枚のカードです。

親の決め方

仮で決められた親が、よく切ったカードを左側の人から順番に1枚ずつ表向きに配っていきます。参加しているプレイヤーに配られた表向きカードの中で、「J」のカードが最初に配られた方がそのゲームで親を務めることになります。以降のゲームでは右回りに親の順番が回ります。

テキサスホールデム概要

テキサスホールデムは、ジョーカーを除いた52枚のトランプカードを使用して行うゲームとなっており、使用するトランプカードは「カード」と呼ばれます。

1つのテーブルで遊べる人数は2人~10人となっており、ゲームに参加するプレイヤー全てに「手札」と呼ばれるカードが2枚配られます。これは、配られたプレイヤーのみが使用できるカードとなります。その後、プレイヤーの全員が見える位置の「ボード」と呼ばれる場所に、ゲームに参加する全てのプレイヤーが共通で使用できるカードが5枚並べられます。

各プレイヤーは、ボードの5枚のカード、手札の2枚のカード、計7枚のカードから任意の5枚を選択し「ポーカーの役(ポーカーハンド)」を作り上げます。ポーカーのハンドには全部で9種類があり、それぞれのハンドに強さの順位が決められております。基本的には最も強いハンドを作り上げたプレイヤーがゲームでの勝者となります。テーブルは以下の通りです。

場札と手札
場札と手札

ゲームは4回のラウンドで構成されており、プレイヤーは、それぞれのラウンドでチップを賭けて勝負を行っていきます。1ゲーム中に貯まったチップは、ゲームが終了されるまで一時的に保管されていきます。

4回のラウンドのどのタイミングでもゲームを降りることが可能です。全てのラウンドが終了したとき、ゲームを降りずに残ったプレイヤーは手札を開きハンドを見せ合います。そこで一番強いハンドのプレイヤーが勝者となります。勝者は、合計4回のラウンド中に全プレイヤーが賭けていたチップを全て獲得することができます。

ポーカーの役(ポーカーハンド)

ポーカーハンドは全部で9種類存在しており、それぞれのハンドの強さは順位付けられています。ここではハンドが最も弱い順にご紹介していきたいと思います。

ワンペア

ワンペア
ワンペア

手札の2枚のカード、場札の5枚のカード、計7枚のカードの中に同じ数字が2枚ある状態をワンペアと呼びます。

ツーペア

ツーペア
ツーペア

手札の2枚のカード、場札の5枚のカード、計7枚のカードの中に同じ数字が2枚ずつある状態をツーペアと呼びます。(ワンペアが2つでツーペアとなる)

スリーカード(スリーオブアカインド)

スリーカード(スリーオブアカインド)
スリーカード(スリーオブアカインド)

正式名称「スリーオブアカインド」。日本では一般的には「スリーカード」と呼ばれるハンドとなりますが、海外では通用しません。手札の2枚のカード、場札の5枚のカード、計7枚のカードの中に同じ数字が3枚ある状態をスリーオブアカインドと呼びます。

ストレート

ストレート
ストレート

手札の2枚のカード、場札の5枚のカード、計7枚のカードの中で数字が5つ順番に並んでいる状態をストレートと呼びます。例(5-6-7-8-9)ただし、カードの「A」を含む場合、「10-J-Q-K-A」「A-2-3-4-5」の2つのパターンはストレートとなりますが、「Q-K-A-2-3」「K-A-2-3-4」などの中途半端な組み合わせは、ストレートにはなりません。

フラッシュ

フラッシュ
フラッシュ

手札の2枚のカード、場札の5枚のカード、計7枚のカードの中で同じスート(マーク)が5枚ある状態をフラッシュと呼びます。例(ハート5枚)

フルハウス

フルハウス
フルハウス

手札の2枚のカード、場札の5枚のカード、計7枚のカードの中に同じ数字が3枚あるスリーオブアカインドと、同じ数字が2枚あるワンペアを組み合わせた状態をフルハウスと呼びます。例(2-2-J-J-J)

フォーカード(フォーオブアカインド)

フォーカード(フォーオブアカインド)
フォーカード(フォーオブアカインド)

正式名所「フォーオブアカインド」。日本では一般的には「フォーカード」と呼ばれるハンドとなりますが、海外では通用しません。手札の2枚のカード、場札の5枚のカード、計7枚のカードの中に同じ数字が4枚ある状態をフォーオブアカインドと呼びます。

ストレートフラッシュ

ストレートフラッシュ
ストレートフラッシュ

手札の2枚のカード、場札の5枚のカード、計7枚のカードの中で同じスートが5枚ある状態、尚且つ数字が5つ順番に並んでいる状態をストレートフラッシュと呼びます。例(ハートの7-8-9-10-J)

ロイヤルストレートフラッシュ

ロイヤルストレートフラッシュ
ロイヤルストレートフラッシュ

ポーカーハンドの中でも最も最強な手となります。手札の2枚のカード、場札の5枚のカード、計7枚のカードの中で同じスートのカードが5枚、尚且つ「10-J-Q-K-A」が順番に揃っている状態をロイヤルストレートフラッシュと呼びます。

ベットラウンド

テキサスホールデムは、4回のラウンドに別れてゲームが進行していきます。

第1ラウンド(プリフロップ):1回目のベッティング

第1ラウンド(プリフロップ)
第1ラウンド(プリフロップ)

手元に2枚のカードが配られた状態を第1ラウンドの「プリフロップ」と呼びます。手元にある2枚のカードの状態から、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選択が可能です。この時、最も強いポーカーハンドはAが2枚のワンペアとなります。

第2ラウンド(フロップ):2回目のベッティング

第2ラウンド(フロップ)
第2ラウンド(フロップ)

第1ラウンドのプリフロップを通過した場合、第2ラウンドの「フロップ」に突入します。

ディーラーは、山札の一番上のカードを1枚捨てます。(バーンカード)これは、一番上のカードの状態からカードの数字・スートをプレイヤーに知られてしまうことを防ぐためです。山札の一番上のカードを1枚捨てた後、場札(ボード)に5枚のカードのうち3枚のカードが表向きに並べられます。この状態を、第2ラウンドの「フロップ」と呼びます。

手元にある2枚のカード、ボードに並べられた3枚のカードから、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選択が可能です。

第3ラウンド(ターン):3回目のベッティング

第3ラウンド(ターン)
第3ラウンド(ターン)

第2ラウンドのフロップを通過した場合、第3ラウンドの「ターン」に突入します。ここまでのカードは、手元に配られた2枚のカードと場札(ボード)にオープンされている3枚のカードです。

第3ラウンドのターンで、場札に4枚目のカードが表向きに並べられます。手元にある2枚のカード、ボードに並べられた4枚のカードから、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選択が可能です。

第4ラウンド(リバー):4回目のベッティング

第4ラウンド(リバー)
第4ラウンド(リバー)

第3ラウンドのターンを通過した場合、第4ラウンドの「リバー」に突入します。ここまでのカードは、手元に配られた2枚のカードと場札(ボード)にオープンされている4枚のカードです。

第4ラウンドのリバーで、場札に最後の5枚目のカードが表向きに並べられます。手元にある2枚のカードとボードに並べられた5枚のカード、計7枚のカードの中から最も強いポーカーハンドを作り上げます。この時、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選択が可能です。

全てのラウンドが終了したとき、ゲームを降りずに残ったプレイヤーは、手札を開き自身のハンドを見せ合います。残ったプレイヤーの中で一番強いハンドを作り上げたプレイヤーがゲームの勝者となります。ただし、第4ラウンドに進む途中で参加者プレイヤー全員がゲームから降りた場合、その時点でゲームは終了となり最後に残ったプレイヤーが勝者となります。

ベットラウンドの行動パターン

各ラウンドでのプレイヤーの基本的なアクションは、「降りる(フォールド)」「合わせる(コール)」「上乗せする(レイズ)」の3パターンとなります。ポーカーでは、基本的にはチップを動かす前に発声する必要があります。行動を起こす前に声に出して伝えましょう。

まず一つ目の「降りる」ですが、ゲームを降りることを「フォールド」と呼び、フォールドした時点で負けが確定し、それまで賭けていた金額は失われます。二つ目に「合わせる」ですが、場に賭けられている額に合わせることを「コール」と呼び、コールした場合、その場に賭けられているチップと同額のチップを賭けることになります。最後に「上乗せする」ですが、チップを上乗せすることを「レイズ」と呼び、場に賭けられている額に更に上乗せしたチップを賭けます。(上乗せするチップ額は任意となり、レイズした額も発声する必要があります。)

また、テキサスホールデムには、任意で行うベットアクション以外に強制的に発生するベットがあります。これを「ブラインド」と呼び、1ゲーム毎に必ず支払わなければいけない参加料のようなものです。

ブラインドは、時間の経過やゲーム回数により額が上昇していきます。ブラインドがある以上、良い手札が来るまでフォールドでゲームを流し、良い手札がそろったときに勝負を行い勝ちに行く、と言うような戦略が通用しません。フォールドばかりしているとあっという間にチップは無くなってしまいますので注意してください。

覚えておきたいポーカーの基本用語

ランドカジノでポーカーをプレイするにあたって、覚えておいてほしい最低限の用語をまとめました。

コール

場に賭けられいる金額に合わせて同額のチップをベットする

チェック

賭け金は賭けずにそのまま次のプレイヤーに回す

フォールド

ゲームを降りる。フォールドした時点で負けが確定され、それまで賭けていた金額は失われます。

ベット

場にチップを賭けます。この時、賭けるチップ額も同時に発声し周囲に伝えます。

レイズ

場に賭けられている金額に更にチップを上乗せします。上乗せしたチップ額も同時に発声し周囲に伝えます。

リレイズ

他のプレイヤーがレイズを行った場合、レイズ金額よりも更に上乗せを行います。上乗せしたチップ額も同時に発声し周囲に伝えます。

リリレイズ

他のプレイヤーがレイズを行い、また別のプレイヤーがリレイズを行った場合、リレイズ金額よりも更に上乗せして賭けることをリリレイズと呼びます。上乗せしたチップ額も同時に発声し周囲に伝えます。

オールイン

手元にある全チップを賭けてゲームを行うことです。

ドロー

場に捨てたカードの枚数分ストックから貰うことができます。ただし、テキサスホールデムの場合、カードの交換作業(ドロー)はありません。

アンティ

強制ベットの形式の1つです。カードがプレイヤーに配られる前に、テーブルについている全てのプレイヤーが支払う必要のあるゲーム参加費となります。ポーカーではアンティの支払いがルールとされているところも目にしますが、テキサスホールデムでは、全てのプレイヤーにアンティが要求されることはありません。代わりにブラインドベットと呼ばれる強制ベットが発生します。

ミニマムベット

ゲームを開始するために必要な最低限のチップ額となります。

ミニマムレイズ

上乗せ(レイズ)する際の最低額となります。

サイドポット

他のプレイヤーがオールイン(全チップを使用)した場合、ベッティングアクションを継続することができます。ただし、オールインしたプレイヤーがゲームに勝利した場合は、自分が賭けた金額分が支払われます。プレイヤーオールイン後に上乗せされたチップは、メインポットとは別の場所のサイドポットに保管されていきます。

ポーカーの遊び方と流れ

全国対戦が可能な無料で遊べるPokerStars(ポーカースターズ)を使用して、実際の流れを見ていきましょう。

第1ラウンド(プリフロップ):1回目のベッティング

1回目のベッティング、第1ラウンドの「プリフロップ」を行います。

手元に配られた2枚のカードは、ダイアの「2・Q」となります。この時点で、「フォールド」「チェック」「レイズ」の3パターンを選択することが可能です。ダイアが2枚そろっておりますので、このまま様子見といった形で「チェック」を行いました。

ここでは、ゲームに参加するプレイヤー全員にブラインドと呼ばれる参加手数料の徴収があります。以下のテーブルでは10ドルが強制ベット額となります。あらかじめ強制ベットとして10ドルが徴収されておりますので、このまま「チェック」で賭け金は賭けずに次のプレイヤーに回します。

第1ラウンド(プリフロップ):1回目のベッティング
第1ラウンド(プリフロップ):1回目のベッティング

第2ラウンド(フロップ):2回目のベッティング

2回目のベッティング、第2ラウンドの「フロップ」に突入します。

場札(ボード)に並べられた表向きカードは、スペードの「6」、クローバーの「2」「10」の計3枚となります。この時点で最も強いハンドは、手札と場札の「2」の「ワンペア」となります。2回目のベッティングでは、「フォールド」「チェック」「レイズ」の3パターンを選択することが可能です。このまま様子見といった形で賭け金を賭けずに「チェック」を行い、次のプレイヤーにゲームを回します。

第2ラウンド(フロップ):2回目のベッティング
第2ラウンド(フロップ):2回目のベッティング

第3ラウンド(ターン):3回目のベッティング

3回目のベッティング、第3ラウンドの「ターン」に突入します。

場札(ボード)に並べられた表向きのカードは、スペードの「6」、クローバーの「2」「10」と、今回のラウンドで並べられたハートの「2」の計4枚となります。この時点で最も強いハンドは、手札にあるダイアの「2」と場札にあるクローバーの「2」、ハートの「2」の「スリーオブアカインド(スリーカード)」となります。

3回目のベッティングでは、スリーオブアカインドのハンドがそろっておりますので、このまま賭け金を賭けずに「チェック」を行い、次のプレイヤーにゲームを回します。

第3ラウンド(ターン):3回目のベッティング
第3ラウンド(ターン):3回目のベッティング

第4ラウンド(リバー):4回目のベッティング

4回目のベッティング、第4ラウンドの「リバー」に突入します。

場札(ボード)に並べられた表向きのカードは、スペードの「6」、クローバーの「2」「10」、ハートの「2」、今回のラウンドで並べられたスペードの「J」の計5枚となります。最終的なハンドは、「2」が3枚そろった「スリーオブアカインド(スリーカード)」となりました。

この時点で、「フォールド」「チェック」「レイズ」の3パターンを選択することが可能です。スリーオブアカインドは、ポーカーハンドの中でも強いハンドと言う訳ではありませんが、決して弱いハンドでもありません。フォールドしてしまうのは勿体ないですので、このまま賭け金を賭けずに「チェック」を行い、次のプレイヤーにゲームを回します。

第4ラウンド(リバー):4回目のベッティング
第4ラウンド(リバー):4回目のベッティング

第4ラウンド(リバー):4ー2回目のベッティング

第4ラウンド(リバー)で他のプレイヤーが賭け金をレイズしてきました。この場合は、ベッティングアクションを継続させます。

「フォールド」「コール」「レイズ」の3パターンを選択することが可能で、フォールドした場合は賭けた金額は失われ、コールした場合は、場に賭けられている金額分の1,015ドルが必要となります。ここでは、1,015ドルの賭け金を賭けてコールを行いました。

第4ラウンド(リバー):4ー2回目のベッティング
第4ラウンド(リバー):4ー2回目のベッティング

ゲーム結果

ラウンドが全て終了した後に、残ったプレイヤーの手札がオープンされます。今回は執筆者を含め2人のプレイヤーがゲームに残りました。

相手のポーカーハンドは「J」の「ワンペア」、こちらのポーカーハンドは「2」の「スリーオブアカインド(スリーカード)」となり、勝利することができました。全てのラウンドで溜まったポット金額(プレイヤーの賭け金)2,015ドルが賞金となります。

ゲーム結果
ゲーム結果

ポーカーで勝てるオンラインカジノ

おすすめのオンラインカジノを3つご紹介します。ポーカーでどんどん稼いでいきましょう!

第1位 エンパイアカジノ|超高額ジャックポット続出!

EMPIRE777(エンパイアカジノ)

スマホでもPCでも1ドルから遊ぶことができるエンパイアカジノ。9種類のライブ会場があり、異なったカジノ場の雰囲気を味わうことができます。ライブディーラーの在籍数も多く、美人なディーラーもたくさんそろっています

日本語も完全対応で、登録完了時にもらえる登録ボーナスや初回入金額に対して受け取れるボーナス、毎月お得なキャンペーンも多く開催されています。お得なボーナスをもらってどんどん稼いでいきましょう!

→ エンパイアカジノの無料登録はこちら

→ エンパイアカジノの詳細へ

第2位 ベラジョンカジノ|高額賞金獲得者が続出!

ベラジョンカジノ

日本円で約1億9千万円など高額賞金獲得者が続出!ベラジョンカジノでは、数十万から数百万の単位で、日々いろんな方が大金を獲得しています。

完全日本語対応で、インストール不要。登録時に無料でもらえる入金不要ボーナスもありますので、ぜひ今すぐプレイしてみてください。

→ ベラジョンカジノの無料登録はこちら

→ ベラジョンカジノの詳細へ

第3位 カジ旅|RPG要素の新感覚カジノ!

カジ旅

カジ旅はRPG要素あり、日本語対応のSNS機能で他のプレイヤーと会話もできる新感覚のオンラインカジノです。無料でリアルマネープレイができるボーナスマネーも多く受け取ることができますので、ボーナスマネーで一攫千金を狙ってみましょう!

→ カジ旅の無料登録はこちら

→ カジ旅の詳細へ

まとめ

プレイヤー同士の勝負が行える「テキサスホールデム」について紹介させていただきました。テキサスホールデムは、1対1で行うコンピューター相手のポーカーよりも、心理戦の強いゲームです。自身の戦略次第でいくらでも勝率をあげられますので、ぜひご体験ください。

<オンラインカジノ最新情報最前線>

  • どこのオンラインカジノで遊んだらいいの?
  • どこのオンラインカジノが安全なの?
  • オンラインカジノで遊んで大丈夫なの?
  • どんなゲームが楽しいんだろう…
  • ゲームのルールを詳しく知りたい…

そんな方のために最新のカジノ情報をご紹介!

新着①日本人プレイヤーが遊びやすいカジノ倶楽部ジャパン

カジノクラブジャパン

クオリティの高い美人ディーラーと遊ぶことができ、バカラやルーレットなど、ライブディーラー目的のプレイヤーにも評価が高いカジノ。サポートが手厚いので日本人プレイヤーが特に遊びやすくなっています。

→ カジノ倶楽部ジャパンの解説へ

新着②麻雀で遊べるDORA麻雀

DORA麻雀

お金を賭けたガチンコ勝負ができる!参加費・手数料も無料で参加できるトーナメントも開催。勝ち上がっていくと賞金を獲得することができます。負けてもノーリスクなので自信がなくても思いっきり遊べるのが魅力です。

→ DORA麻雀の解説へ