マンシュリアン法|100%勝てると話題のルーレット必勝法

マンシュリアン法|100%勝てると話題のルーレット必勝法

マンシュリアン法はカジノルーレットを攻略する戦略で、日本ではあまり知られていない貴重な必勝法です。

この記事では、マンシュリアン法の賭け方や実践に向けた使用方法、注意点やコツなどを詳しくまとめました。

ゲーム回数を重ねれば重ねるほど勝率がアップしていくマンシュリアン法は、日本人にはなかなか発想できない戦略となっていますので、使い方を覚えてどんどん稼いでいきましょう。

マンシュリアン法を20ゲーム行った検証結果

マンシュリアン法は、シングルゼロのヨーロピアンルーレットを使用する戦略で、コーナーベットの賭け方を利用したカジノ必勝法です。今回は無料で遊べるルーレットを使用してマンシュリアン法を20ゲーム検証しました。検証結果は次の通りです。

【表】20ゲームの結果
【表】20ゲームの結果

マンシュリアン法を使用して20ゲーム行った結果、ゲーム勝利数は20ゲーム中8回、負け数は12回、累計損益はプラス収支の62ドルと日本円約6,500円の儲けとなりました。為替レートは記事執筆時点での相場です。

マンシュリアン法は、ゲーム回数を重ねれば重ねるほど面白いように当たっていく戦略です。検証結果を見るとわかる通り、負け数12回に対して勝ち数が8回と、勝敗の数が極端に悪い場合でも大きく利益を出すことが可能です。日本ではあまり知られていない貴重な必勝法なので、使用方法を覚えてカジノルーレットで儲ける術を身につけていきましょう。

マンシュリアン法の賭け方と実践例

マンシュリアン法は、ヨーロピアンルーレットのコーナーベットの賭け方を利用した必勝法です。コーナーベットは以下のような賭け方を言います。

ヨーロピアンルーレット コーナーベット
ヨーロピアンルーレット コーナーベット

1カ所の賭けで4つの数字をカバーできるベット方法をコーナーベットと呼びます。まずはゲームを始める前に「1ユニット」の金額を設定します。ゲームでの賭け金は基本的にはユニット単位となり、設定した1ユニットの金額をコーナーベットの賭け方で好きな場所に置きます。

ゲームに負けるたびに、直前の結果の出目を含んだコーナーベットの賭けを追加していき、2連敗までは1ユニットの金額を賭け金として置いていきます。2連敗後は、負けるたびに各コーナーベットに賭けた金額を2倍にしてゲームを行っていきます。ゲームに勝った時点で必勝法は終了です。

ゲームは次の通りに進行していきます。

マンシュリアン法 ゲームの流れ
マンシュリアン法 ゲームの流れ

考え方はとてもシンプルで、負けるたびに賭ける場所を増やしていくので、負ければ負けるほど勝ちやすくなっていく必勝法となります。

▼覚えておきたいポイント

【使用する賭け】コーナーベット(4点賭け・9倍配当)
【賭ける場所】2、5、8、、、35などのカラムベット中央の数字が出た場合は、コーナーベットで賭ける場所は上下どちらとも可能
【ゲームに負けた場合(2連敗)】直前のゲームの出目を含むコーナーベットの賭けを追加(ただし、「0」が出た場合は好きな場所にベット)
【ゲームに負けた場合(2連敗以降)】直前のゲームの出目を含むコーナーベットの賭けを追加し、全てを2倍にする
【ゲームに勝った場合】必勝法終了

実践例 ゲームを始める前の準備

それでは早速、マンシュリアン法の実践に向けた賭け方を見ていきましょう。ゲームを始める前に以下の設定を行ってください。

1ユニット 1ユニット当たりの金額(賭け金)

マンシュリアン法で使用するゲームの賭け金の単位は、1ユニット、2ユニットといったユニット形式です。1ユニットが1ドルの場合は2ユニットで2ドルとなりますが、1ユニットが5ドルの場合は2ユニットで10ドルといった考え方になります。

1ユニットの金額は高ければ高いほど勝利したときの利益も高くなります。しかし、同時にリスクや資金を必要としていきますので、基本は少額の1ドルなどの設定から始めるようにしましょう。ここでは、1ユニット1ドルでゲームを開始していきたいと思います。

実践例 1ゲーム目

1ユニットの金額:1ドル

最初の1ゲーム目では、1ユニットを好きな場所のコーナーベットに賭けてゲームを開始します。1ゲーム目では、1ユニット(1ドル)を「32 33 35 36」の4つの数字を含むコーナーベットに賭けました。ゲームの結果は「1」です。賭けた金額は没収され累計損益は-1ドルとなりました。

1ゲーム目
1ゲーム目

実践例 2ゲーム目

1ユニットの金額:1ドル 1ゲーム目の賭け:32 33 35 36(①) 前回(1ゲーム目)の出目:1

直前のゲームで負けた場合は、直前の出目を含むコーナーベットの賭けをさらに追加してゲームを開始します。

2ゲーム目では、1ゲーム目に賭けたコーナーベット「32 33 35 36」の1カ所と、直前のゲームの出目1を含む「1 2 4 5」の合計2カ所にそれぞれ1ユニットずつ賭け金を賭けました。ゲームの結果は「16」です。賭けた金額は没収され累計損益は-3ドルとなりました。

2ゲーム目
2ゲーム目

実践例 3ゲーム目

1ユニットの金額:1ドル 1ゲーム目の賭け:32 33 35 36(①) 2ゲーム目の賭け:1 2 4 5(②) 前回(2ゲーム目)の出目:16

直前のゲームで負けてしまったので、直前の出目を含むコーナーベットの賭けをさらに追加してゲームを行います。

3ゲーム目では、1ゲーム目に賭けたコーナーベット「32 33 35 36」の1カ所と、2ゲーム目に賭けた「1 2 4 5」の2カ所目、直前のゲームの出目16を含む「13 14 16 17」の合計3カ所のコーナーベットを使用します。2連敗後は、それぞれのベット額を全て2倍にしますので、3カ所の1ドル賭けを全て2倍にした6ドル(6ユニット)の賭け金を使用します。

3ゲーム目の結果は「30」です。3カ所のコーナーベットに賭けた金額は没収され、累計損益は-9ドルとなりました。

3ゲーム目
3ゲーム目

実践例 4ゲーム目

1ユニットの金額:1ドル 1ゲーム目の賭け:32 33 35 36(①) 2ゲーム目の賭け:1 2 4 5(②) 3ゲーム目の賭け:13 14 16 17(③) 前回(3ゲーム目)の出目:30

直前のゲームで負けてしまったので、直前の出目を含むコーナーベットの賭けをさらに追加してゲームを行います。

4ゲーム目では、1ゲーム目に賭けた「32 33 35 36」の1カ所と、2ゲーム目に賭けた「1 2 4 5」の2カ所目、3ゲーム目に賭けた「13 14 16 17」の3カ所目、直前のゲームの出目30を含む「26 27 29 30」の合計4カ所のコーナーベットを使用します。使用した賭け金はそれぞれのコーナーベット2ドルの額を2倍にした16ドル(16ユニット)となります。

4ゲーム目の結果は「12」です。4カ所のコーナーベットに賭けた金額16ドルは没収され、累計損益は-25ドルとなりました。

4ゲーム目
4ゲーム目

実践例 5ゲーム目

1ユニットの金額:1ドル 1ゲーム目の賭け:32 33 35 36(①) 2ゲーム目の賭け:1 2 4 5(②) 3ゲーム目の賭け:13 14 16 17(③) 4ゲーム目の賭け:26 27 29 30(④) 前回(4ゲーム目)の出目:12

前回までと同じように、直前の出目を含むコーナーベットの賭けを追加してゲームを行います。

5ゲーム目では、1ゲーム目の「32 33 35 36」と、2ゲーム目の「1 2 4 5」、3ゲーム目の「13 14 16 17」、4ゲーム目の「26 27 29 30」、直前のゲームの出目12を含む「8 9 11 12」の合計5カ所のコーナーベットを使用しました。使用した賭け金は5カ所4ドル賭けをそれぞれ2倍にした40ドル(40ユニット)となります。

5ゲーム目の結果は「33」となりゲームに勝利しました。33の数字を含んだコーナーベットの賭け金は8ドルとなりますので、9倍配当が付き合計72ドルの払い戻しが行われました。この時の利益は、72ドルから5ゲーム目の賭け金40ドルを引いた32ドルとなります。累計損益はプラス収支の7ドルとなりました。

5ゲーム目
5ゲーム目

実践例 6ゲーム目

1ユニットの金額:1ドル 直前のゲームの結果:勝利 出目33

直前のゲームで勝利した場合は必勝法が終了となります。新しくマンシュリアン法を始める場合は、直前のゲーム結果の出目を含んだコーナーベットの賭けから再度繰り返し行ってください。

6ゲーム目
6ゲーム目

これまで説明したマンシュリアン法の実践例は全6ゲームです。表に表すと次の通りです。

【表】実践例6ゲームの結果
【表】実践例6ゲームの結果

マンシュリアン法は、負けるたびに賭ける場所(数字)を増やしていくことで、勝率を高めながら利益を出していける必勝法です。しかし、リスクも高い戦略となっていますので、これから説明する注意点を踏まえて使用していくようにしましょう。

マンシュリアン法の3つの注意点

マンシュリアン法の注意点は3つです。

注意点1 連敗時の損失額と必要な資金

マンシュリアン法は、負けるごとにその時の出目の周囲にチップを追加していく方法となりますので、負ければ負けるほど賭ける場所が増えていき、勝率も同時に高まっていきます。2連敗するまでは1ユニット単位の金額がマイナスとなっていきますが、その後は全てのコーナーベットの賭け金を2倍にした金額を賭け続けていきますので、連敗すればするほどリスクは高まる必勝法にもなっています。

以下の表は、マンシュリアン法を使用して10連敗してしまった場合の結果を記録したものです。

【表】10連敗の結果
【表】10連敗の結果

結果を見るとわかる通り、4連敗までの賭け金はそこまで増幅しませんが、4連敗以降の賭け金や損失額は目に見えて増大していきます。連敗すればするほど勝率は高まりますが、同時に資金を必要とする戦略となりますので注意しておきましょう。

注意点2 必勝法が失敗するとき

マンシュリアン法が失敗に終わり損失額が大きく出てしまう結果となる場合には、以下の2つが考えられます。

  • 資金の限界
  • テーブルリミット

資金が底を尽きてしまえば当然、必勝法を続行することはできませんので損失額が出たまま終わる可能性があります。

また、ルーレットには、カジノ店舗ごとやテーブルごとに「テーブルリミット」という賭け金の下限(ミニマムベット)と上限(マキシマムベット)が設定されております。ゲームを開始するためには、ミニマムベット以上の金額を使用する必要があり、1ゲーム時の賭け金はマキシマムベットを超える金額をベットすることができません。

通常のルーレットの場合ですと、大体200ドル~500ドルの間がマキシマムベットとされております。ルーレット台により多少異なることがありますので遊ぶ前には必ず確認しておきましょう。

注意点3 6ゲーム目以降は損失額が加算される

マンシュリアン法は、連敗すればするほど勝率がアップしていく戦略となっていますが、連敗すればするほど利益率がアップしていく戦略にはなっていません。5ゲーム内に勝利することができればプラス収支となりますが、6ゲーム目以降からは基本的にはマイナス収支となっていきます。以下の表をご覧ください。

【表】マンシュリアン法 10ゲームの結果
【表】マンシュリアン法 10ゲームの結果

このように、5回目までにゲームで勝つことができれば利益が確保されます。しかし、5連敗してしまった後は徐々に損失額が増え続けていきます。

マンシュリアン法をうまく使う2つのコツ

マンシュリアン法をうまく使うコツは2つあります。

コツ1 即切りポイント

マンシュリアン法で効率よく利益を上げていくためには、5ゲーム内に勝利することが必須となります。6ゲーム目以降は勝利しても損失額が加算されていくだけですので、あまり深追いすることはおすすめしません。常勝していくために、即切りポイント(必勝法切り上げポイント)として6連敗を目安にゲームを進行していきましょう。

コツ2 賭け額を2倍にする時期をずらす

マンシュリアン法の通常のルールは、2連敗までは1ユニット単位の賭け金を使用し、2ゲーム目以降では、すべてのコーナーベットの賭け額を2倍にした金額でゲームを行っていきます。連敗とともに賭ける金額や損失額は大きくなっていきますので、資金に余裕のない方は、1ユニットのゲーム回数を増やし、全てのチップを2倍にする回をずらしていくと良いでしょう。

以下の表は、通常のルールでのマンシュリアン法と、それぞれのルールを1回数ずらしたマンシュリアン法を比較したものです。

【表】比較
【表】比較

通常のマンシュリアン法よりも、2倍の賭けに入るゲームが1回数遅くなりますので利益はそれだけ低くなります。しかし、賭け金や負け時の損失額の増大を抑えられますので、長く楽しむためには資金に合った回数に調整してゲームを行うと良いでしょう。

マンシュリアン法2つのメリット

マンシュリアン法のメリットは次の2つです。

  1. ゲーム回数を重ねれば重ねるほど勝率がアップする
  2. ゲーム序盤で勝つことができれば利益を大きく得られる

マンシュリアン法3つのデメリット

マンシュリアン法のデメリットは次の3つです。

  1. 6回目以降からはマイナス収支となる
  2. テーブルリミットにより連敗数が限られる
  3. 連敗すればするほどリスクが高まる

マンシュリアン法の3つの特徴

マンシュリアン法は、ルーレットのインサイドベットエリアにあるコーナーベットの賭け方を攻略した数少ない必勝法です。マンシュリアン法の特徴は主に3つです。

  1. 短期戦向けの必勝法
  2. 連敗すればするほど勝率が高まる
  3. 連敗すればするほど利益が減っていく

マンシュリアン法は、序盤に強く終盤に弱い必勝法となります。序盤のゲームで勝つことができれば大きな利益を確保することができますが、連敗が続けば続くほど利益率が減り、6ゲーム目以降では損失額だけが加算されていきます。5ゲーム内に勝利することができれば利益は確定されますので、切り上げる目安は5ゲーム目や6ゲーム目といった形で、短期間で利益を確保することを意識して使用するようにしましょう。

使用できるカジノゲーム

マンシュリアン法は、以下のヨーロピアンルーレットを使用した必勝法となります。

ヨーロピアンルーレット
ヨーロピアンルーレット

マンシュリアン法で使用するコーナーベットの賭けは次の通りです。

  • コーナーベット(4点賭け・配当9倍):4つの数字に対して賭ける方法(画像参照:黄枠)

マンシュリアン法のYouTube動画

マンシュリアン法のYouTube動画もご紹介しておきます。合わせて確認してみてください。

マンシュリアン法で勝てるオンラインカジノ

おすすめのオンラインカジノを3つご紹介します。マンシュリアン法を活用してどんどん稼いでいきましょう!

第1位 エンパイアカジノ|超高額ジャックポット続出!

EMPIRE777(エンパイアカジノ)

スマホでもPCでも1ドルから遊ぶことができるエンパイアカジノ。9種類のライブ会場があり、異なったカジノ場の雰囲気を味わうことができます。ライブディーラーの在籍数も多く、美人なディーラーもたくさんそろっています

日本語も完全対応で、登録完了時にもらえる登録ボーナスや初回入金額に対して受け取れるボーナス、毎月お得なキャンペーンも多く開催されています。お得なボーナスをもらってどんどん稼いでいきましょう!

→ エンパイアカジノの無料登録はこちら

→ エンパイアカジノの詳細へ

第2位 ベラジョンカジノ|高額賞金獲得者が続出!

ベラジョンカジノ

日本円で約1億9千万円など高額賞金獲得者が続出!ベラジョンカジノでは、数十万から数百万の単位で、日々いろんな方が大金を獲得しています。

完全日本語対応で、インストール不要。登録時に無料でもらえる入金不要ボーナスもありますので、ぜひ今すぐプレイしてみてください。

→ ベラジョンカジノの無料登録はこちら

→ ベラジョンカジノの詳細へ

第3位 カジ旅|RPG要素の新感覚カジノ!

カジ旅

カジ旅はRPG要素あり、日本語対応のSNS機能で他のプレイヤーと会話もできる新感覚のオンラインカジノです。無料でリアルマネープレイができるボーナスマネーも多く受け取ることができますので、ボーナスマネーで一攫千金を狙ってみましょう!

→ カジ旅の無料登録はこちら

→ カジ旅の詳細へ

まとめ

マンシュリアン法は、日本のギャンブラーの方にもあまり知られていない非常に貴重な必勝法です。ギャンブルゲームは運要素の強いゲームとなりますので必ずしも当たるとは限りませんが、5ゲーム内に当たる確率の高い戦略となっていますので、配当の高い賭けを利用して一気に資金稼ぎを行いたい方は、ぜひ使用してみてください。

<オンラインカジノ最新情報最前線>

  • どこのオンラインカジノで遊んだらいいの?
  • どこのオンラインカジノが安全なの?
  • オンラインカジノで遊んで大丈夫なの?
  • どんなゲームが楽しいんだろう…
  • ゲームのルールを詳しく知りたい…

そんな方のために最新のカジノ情報をご紹介!

新着 麻雀で遊べるDORA麻雀

DORA麻雀

お金を賭けたガチンコ勝負ができる!参加費・手数料も無料で参加できるトーナメントも開催。勝ち上がっていくと賞金を獲得することができます。負けてもノーリスクなので自信がなくても思いっきり遊べるのが魅力です。

→ DORA麻雀の解説へ